施術中は恥ずかしい?VIO脱毛時のポーズとスタッフ対応

VIO脱毛をためらう理由として多いのは、やはり施術中の恥ずかしさではないでしょうか?
VIO脱毛の時のポーズやスタッフさんの対応って気になりますよね。

スタッフは気にしていません

やはりデリケートな部分のため、スタッフさんに見られるのは恥ずかしいかもしれません。
それにVIO周りが臭くないかなど気になることも多いでしょう。

ですがサロンはほとんど女性スタッフさんばかりですし、スタッフさんも仕事でやられてるので気にする事はありません。

ちなみにクリニックは医師もいるため男性もいるかもしれませんが、VIO周りの施術をしてくれるのは女性が多いです。
心配なようでしたら施術前に確認するのもいいでしょう。

ポーズはさまざま

VIO脱毛のポーズですが、脱毛する所によってポーズが異なります。

Vラインでしたら、仰向けに寝てつま先を外側にむけて膝を少し曲げ両足を開きます。
Iラインも仰向けになりますが、Iラインは施術する方の膝を外側に倒します。
最後にOラインですが、Oラインは横向けになりその状態で施術します。

ちなみに、施術中はエステガウンやラップタオルを上半身に着て、下半身は紙パンツを履いた状態で施術されます。

なので施術中は光やレーザーを当てる所だけ紙パンツを下ろされますが、そんなに恥ずかしくはありません。

スタッフさんが何回もタオルを掛けなおしたりしてくれるので出なくていい部分は覆い隠してくれます。
目隠ししてるため色々不安かもしれませんが、次にどうするかちゃんと伝えながらしてくれるので安心して施術できます。