VIO脱毛にリスクはあるの?行う場合の注意点について

女性の脱毛処理の1つとしてVIO脱毛がありますが、リスクはあるのでしょうか?
失敗しないためにVIO脱毛を行う場合の注意点を確認してみましょう。

VIO脱毛のリスクとして、施術後の肌トラブルがあります。
VIOラインは性器の粘膜が出ている部分であるため、とてもデリケートな場所です。

痛みが強いこともある

施術後もそうですが、施術中も痛みを感じやすい部分です。
代表的な肌トラブルとして、火傷やかゆみを感じたり、ニキビができることがあります。
そのため肌トラブルが起こった際、すぐにお医者さんに診てもらえるよう環境を整えましょう。
ちなみに医療レーザーは医師と看護師にしか使用できないため、安心です。

そして、いざ脱毛をしても光やレーザーが上手く当たらず毛が残ってる場合があります。
その場合はエステやクリニックに電話し、もう一度当て直してもらいましょう。

下準備も念入りに


VIO脱毛を行う場合、毛が生えたままでは光やレーザーが当たらないので脱毛できません。
ですから、脱毛するまでに脱毛する場所は剃れる範囲を剃っていく必要があります。

多少の剃り残しは対応してくれますが、剃り残しが多いと追加料金が発生しますので注意しましょう。

VIO脱毛の場合、どのくらい脱毛するのか決めておくのも大切です。
脱毛までに、全部剃るのか形を残すのかその事をきちんと考え伝えておきましょう。

最後にVIO脱毛の際、痛み対策を確認するのも必要でしょう。
麻酔クリームや笑気ガスなどありますので、その点もちゃんと確認しておきましょう。